FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説・勉強会(72)夏休みの宿題 その後④ 『悪魔と魂とRPG』

夏休みの宿題を出す少し前の2015年4月25日に、僕は「世界の終り」というグループの『RPG』という歌について下記のような文章を書いた。

***

「大切な何かが壊れたあの夜に」という言葉で始まる『RPG』という歌の世界は、悪魔が支配する世界である。人々は「目的」という大事なものを忘れて「方法」に支配されていた。主人公である「僕」は別れた「君」を探して、そんな世界を一人で歩いていく。そういう物語が展開される。

「目的」という大事なものを忘れて、「方法」に支配される世界とは、人生の「目的」がわからなくなり、ただマニュアル通りの業務を遂行するばかりの現代日本の比喩だろう。

核戦争は起きていないが、原子力発電所が次々と爆発し誰も責任を取らない世界で子供たちは、心を失った「マニュアル人間」に囲まれ生きている・・・

***

夏休みの宿題を経て、今少し書き加えるとしたら、
下記のようになるだろう。

「悪魔が支配する世界」で生き残るために、魂の声を聴け。
魂の声を聴き、何のために生まれてきたのか、思い出せ。
人生は、バーチャルなロール・プレーイング・ゲーム(RPG)ではない。
悪魔の支配から脱出して、ほんとうの人間に戻り、ほんとうの人生を生きろ。

この歌はそんなことを歌っているように聞こえる。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

魂の声を聴け

「魂の声を聴け」という言葉は素晴らしいですね。そう!この世界で、“人間”として生き残るために。どうもありがとうございます。

ところで、スポンサーズサイトが表示されるようになったようです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。