FC2ブログ
FC2 Blog Ranking

あすはな(11) 奇跡の起こし方(斎藤一人さん)

「まさこん」さんのブログから転載させていただきました。斎藤一人さんとまさこんさんに感謝。

***

【「めったに起きないこと」を起こすんだから、「奇跡にふさわしい人間だ」と思わないと、できないんだよ】

「この世の中は偶然だ」っていう人と、「絶対、必然だ」っていう人がいるんだよ。「偶然なんかない」っていう人もいるんだよ。

で、一人さん流にいわせると、

「奇跡なんだ」

人間が生まれてくる確率って、何十、何十億分の一なんだよ。そこに、オレたちが生まれてきたんだよ。

・・・

で、「奇跡なんだ」と思う癖をつけるんだよ。

でね、あとは、どうするかっていうと、アスファルトをめくって、雑草がはえてくるじゃん。いいかい。

アスファルトをめくるってことは、雑草はアスファルトの下にいたんだよ。だから、アスファルトの下にいたときは、もっと、ちっちゃいんだよ。ね、それが、アスファルトをめくり上げて出てくるんだよ。

これ、奇跡なんだ。どう考えても、あれ、計算上できねぇんだよ。

で、どうやって、やってるのかっていうと。

無限小の力で、無限大の、もてる時間を全部つかって、じぃわぁ~っと、押すんだよ。

そうすると、アスファルトがめくれ上がっちゃうんだよ。わかるかい?わかんなくてもいいよ、そうなんだよ。

*会場、笑い

『二千年たってもいい話』 斎藤一人著 イースト・プレス発行から引用
関連記事
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)